アイス・バケツ・チャレンジに賛否両論!筋萎縮性側索硬化症とは?

image45

世界的な広がりを見せるアイス・バケツ・チャレンジですが、
芸能人らの公開した動画に対しては批判的な意見も多く出ています。

そもそもは、筋萎縮性側索硬化症という病気の
認知度向上を目指す事が目的なのですが、
その目的は、果たされたといえるのでしょうか?

Sponsored Link

筋萎縮性側索硬化症とは?

略称であるALSで呼ばれることが多い筋萎縮性側索硬化症ですが、
運動ニューロンと呼ばれる筋肉を支配する神経が侵されることにより、
筋肉を動かしにくくなったり、筋肉がやせ細っていく難病なのです。

原因については特定されてはいません。

発症年齢については50代~70代が最も多く、
男女比については1.5:1の割合で男性が多いようです。

症状が進むと呼吸するための筋肉の衰えにより、
呼吸が困難となり、人口呼吸器の助けを借りなければ
呼吸が出来なくなってしまいます。

治療法は確立されていない難病ではありますが、
iPS細胞を利用した治療の可能性等が現在、研究されています。

アイス・バケツ・チャレンジとは?

筋萎縮性側索硬化症の啓発活動として全米で大きな反響を呼んだ活動であり、
ルールとしては、バケツに入った氷水を頭からかけて、
その様子をツイッターやフェイスブック等で公開、
あるいはALS協会に100ドルを寄付する、
あるいはその両方を行うかをまず選択します。

Sponsored Link

そして、次にやってもらいたい人を3人指名して、
指名された人は24時間以内にいずれかの方法を選択するのです。

この運動については、全米で大きな反響を呼び、
各界の著名人が数多く参加しており、
その広がりは全世界に波及しています。

アイス・バケツ・チャレンジに対するネット上での反応

「支援の輪が広がるのはいいことだ」と肯定的に捉える声がある一方で、
「売名行為だ」
「なんで強制するんだ」
「金持ち有名人の遊びだろ」といった反対意見が目立ちます。

image46

国内では、アイス・バケツ・チャレンジの様子を自身のフェイスブックにアップした
ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、ネットユーザーから批判を浴びたとして
ツイッターで反論するというちょっとした騒動が起こっています。

まとめ

いかにもアメリカっぽいコミカルな啓発活動ではありますが、
その手法が一昔前のチェーンメールっぽいのがちょっと気になりました。

賛否両論はありますが、良い意味でも悪い意味でも
こうして注目を浴び、皆がこの病気の存在を知るに至り、
寄付金も集まっていることを考えると
「病気の認知度向上を目指す」という当初の目的は果たせたと言えそうですね。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image46
  2. image98
  3. image52
  4. image85
  5. image_2_12132295
  6. image61
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

まだ観たことがない方は必見!

このCM、気になるよね~!

レッツゴー…カンカンカンwwwゴーエンパーリー!

芸能界復帰は秒読み段階か?

島田紳助の現在が気になる!!

いま話題!噂のカリスマJCモデル!

いま話題の美少女すぎる女子小学生!

必見!パルクールパフォーマンス!!

必見!フリースタイルフットボール!!

いま最も注目のフィギュアスケート選手!