宮崎宣子の離婚の真相に驚き!「夫に尽くしすぎる」その心理とは?

image66

元日本テレビアナウンサーの宮崎宣子が、
10月16日放送の「櫻井有吉あぶない夜会」で
離婚の真相を泣きながら告白していました。

「尽くし過ぎた」のが離婚の原因と語る宮崎宣子ですが、
なぜ、そうまで夫に尽くす必要があったのでしょうか?

Sponsored Link

宮崎宣子 プロフィール

image67

生年月日:1979年9月4日(35歳)

出身地:、宮崎県宮崎市

身長:160センチ

血液型:B型

最終学歴:早稲田大学第一文学部卒

宮崎宣子は、2011年12月24日にレコード会社勤務の一般人男性と結婚、
2012年3月には日本テレビも退社し、フリーアナウンサーに転向しました。

結婚、フリー転向後、今年の春までは
単発のバラエティ番組等への出演のみでしたので、
家庭を優先しているためであろうと思っていたのですが、
9月5日に自身のブログで離婚していたことを発表し、世間を驚かせました。

離婚理由については、
「愛情を押し付けすぎた」ことが原因と
出演したラジオ番組で語っていたのですが、
具体的な内容について語るのは、
今回の「櫻井有吉あぶない夜会」が初めてのことでした。

宮崎宣子の尽くし方とは?

番組内でかねてからの友人である
お笑いコンビ・アップルパインのみほと
離婚原因について語る中で、みほが
「もしかしたら、靴下とか脱がしてあげてた?」と尋ねると
「靴下というか、着替えさせてた!」と宮崎宣子は答えていました。

さらにお弁当は毎日作って持たせたり、
豪華な朝食を作ったりと
過剰なまでに夫に尽くしていたようです。

Sponsored Link

しかし、夫は、仕事が忙しく朝帰りすることも多かったため、
次第に夫婦間にズレが生じ、尽くせば尽くすほどに空回りする状況に
次第にストレスを感じるようになってきたようなのです。

夫に尽くすことが愛情表現であると信じていた宮崎宣子であったが、
そうした、夫婦間のズレを感じるに連れて、
「彼を開放してあげた方がいい」
との結論に至り離婚を決意したそうです。

「夫に尽くしすぎる」その心理とは?

この宮崎宣子の離婚に至った理由が報道されると、

ネット上では、

旦那さんは仕事で疲れてるだけだから、
離婚せずともそっとしておいてあげるだけでいいんじゃないの?

といった意見が見られました。

確かにそうだなあと私も思ったのですが、
宮崎宣子が「あぶない夜会」で語ったところによれば、

「旦那さんが忙しくて、自分が妻であるうえで、
そんな彼を放っておいていいのだろうか?じゃあ、自分が出来ることはなんだろう?」
と考えた結果が過剰なまでの夫への尽くし方に表れたということのようなのです。

自分の妻としての存在価値を
忙しい夫に尽くすことで見出したかったのでしょうね

ある意味、強迫観念のようなものにとらわれて、
尽くしていたにも関わらず、逆に溝が深まっていく現状に
空しさを感じてしまい、精神的に追い詰められたのでしょうか?

まとめ

確かに宮崎宣子の言い分も分かるのですが、
ここまでされたら旦那さんが
重たく感じてしまうのは無理もないでしょう。

正直、この告白を聞く分には彼女は
結婚には向いてないようにも感じてしまいますので、
今後はフリーアナとしての活動に専念し、
仕事に自分の存在価値を見出すようにするべきなのではないでしょうか?

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image129
  2. image27
  3. 20111219213101
  4. image208
  5. image170
  6. image173
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

まだ観たことがない方は必見!

このCM、気になるよね~!

レッツゴー…カンカンカンwwwゴーエンパーリー!

芸能界復帰は秒読み段階か?

島田紳助の現在が気になる!!

いま話題!噂のカリスマJCモデル!

いま話題の美少女すぎる女子小学生!

必見!パルクールパフォーマンス!!

必見!フリースタイルフットボール!!

いま最も注目のフィギュアスケート選手!