奥大介が交通事故死!現在は宮古島在住だった!うつ病の噂は事実?

image70

サッカー元日本代表選手の奥大介が、
沖縄・宮古島の県道で
電柱に衝突する交通事故を起こし、
亡くなったニュースには衝撃を受けました。

選手時代は、そのプレースタイルで
見るものを魅了した彼に一体何があったのでしょうか?

うつ病を患っていたという噂もありますがホントなのでしょうか?

Sponsored Link

奥大介 プロフィール

image69

生年月日:1976年2月7日

出身地:兵庫県尼崎市

没年月日:2014年10月17日(38歳)

私が記憶している限りでは、
奥大介は非常にテクニックのある選手で、
ドリブルやスルーバス、
時にはフリーキックで見るものを魅了する名選手でした。

攻撃一辺倒というわけではなく、
守備もこなすユーティリティプレイヤーでした。

そのため、時には得意ではないポジションで起用され、
苦悩する日々もあったようです。

それでもチームのため、笑顔でピッチを駆けまわる彼の姿に、
ファンは感銘を受け、そんな彼を慕う若手選手は多かったみたいです。

2007年に現役を引退、引退時に所属していた
横浜FCのテクニカルアドバイザーに就任、
さらに2011年には強化部長に就任するなど、
指導者としての道を着々と歩んでいるかのように思えたのですが、
翌年末、体調不良を理由に同職を辞任してしまいます。

Sponsored Link

「大介さんは『指導者の仕事は、自分には合わない。
あんなに好きだったサッカーが嫌いになりそうだ……』と悩んでいたんです。
強化部長になると“どの選手を戦力外にするか”を決めなければならない。
でも大介さんは『戦力外を伝える際に選手の家族の顔が浮かぶんだ。
辛くて仕方がない。俺は、人を裁く側にはいたくない』と言っていました。
最後は精神的に参ってしまい、体調も崩していたようです」

引用元:http://jisin.jp/news/2590/5962/

奥選手の優しさが垣間見えるエピソードですね・・・。

奥大介は宮古島に住んでいた!

先のエピソードは、奥大介が横浜FCを退団後に働いていた、
地元・尼崎のお好み焼き屋の店主の証言です。

image68
いまもこのお好み焼き屋で働いているものと思っていたのですが、
今年8月からは、宮古島に移住し、宮古島市のホテルで働いていたそうです。

奥大介はうつ病を患っていた?

横浜FCでの強化部長時代に精神的に参ってしまい、
それが引き金となり、うつ病を発症してしまったらしいです。

2013年には、元妻でタレントの佐伯日菜子に対して
DVを働いたとして逮捕されますが、
DVに至ったのもうつ病のせいではないかと言われています。

まとめ

チームのためには、身を粉にして献身的にプレーするなど、
元来、真面目で優しい性格の奥大介でしたので、
精神的に不安定となったことがDVの引き金となってしまったのでしょうか?

今回の事故についても、自暴自棄になった奥大介が
故意に起こしたものなのではないかとの憶測も散見されます。

いずれにしても哀しい最期でした・・・。

ご冥福をお祈りします。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image40
  2. image77
  3. image65
  4. image228
  5. image50
  6. image97
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

まだ観たことがない方は必見!

このCM、気になるよね~!

レッツゴー…カンカンカンwwwゴーエンパーリー!

芸能界復帰は秒読み段階か?

島田紳助の現在が気になる!!

いま話題!噂のカリスマJCモデル!

いま話題の美少女すぎる女子小学生!

必見!パルクールパフォーマンス!!

必見!フリースタイルフットボール!!

いま最も注目のフィギュアスケート選手!