「銭の戦争」第5話のネタバレ感想と視聴率!次回のあらすじは?

image2

「銭の戦争」第5話のネタバレ感想です。

富生(草なぎ剛)がホワイト化学社長・白石孝夫(志賀廣太郎)の
息子であることを知った赤松(渡部篤郎)はかなり動揺した様子でしたが、
一体、ホワイト化学と赤松金融の間には何があったのでしょうか?

関連記事:「銭の戦争」第4話の感想と視聴率はコチラ!
関連記事:「銭の戦争」第6話の感想と視聴率はコチラ!

Sponsored Link

「銭の戦争」第5話のネタバレ感想

貸付金の回収のために、富生の父・孝夫を追い詰めたのは
赤松であったことを知った富生は赤松が護身用にと持っていた
アイアンのクラブを手に事務所を飛び出すのでした!

image98

・・・ってか、こんな奴がホントにいたらすぐ通報されそうですよねwww

そして、今回のお話で分かったのは、ホワイト化学という会社は
かなり高度な技術を有した優秀な会社であったようですね。

梢(木村文乃)の祖母・青池早和子(ジュディ・オング)も
一目置くような存在であったようで、青池ファイナンスの
ベンチャー事業部がいまも支援を続けているようです。

Sponsored Link

・・・というか、青池ファイナンスは
ホワイト化学の技術を手中に収めようと画策しているようですね。

そのことに気付いた梢は、自らの手でホワイト化学を再建することを
叔母の早和子に提案し、企画書を提出するのでした。

image99

梢は一体、何を企んでいるのでしょうか? 気になります!

「銭の戦争」第5話の視聴率は?

「銭の戦争」第5話の視聴率については、発表され次第、追記いたします。

「銭の戦争」第5話の視聴率は、12.6%でした!

ドラマスタート以来、二桁を切ることがないですね!

次回は、久々に玉森裕太が出演しますのでさらなる上昇が見込めますね。

「銭の戦争」次回のあらすじは?

富生が金貸しになったことを聞き、軽蔑する一方、
母親の治療費さえも工面できない自分の無力さに
悔しい気持ちがこみ上げてくる富生の弟・光太郎(玉森裕太)、
そんなある日、バイト仲間から「金になる仕事がある」と誘われ、
危険な香りがする雑居ビルへと足を踏み入れていくのでした・・・。

まとめ

次回は、梢がホワイト化学の再建に乗り出した真意が語られるようですね。

さらに、第2話以降、出番がなかった光太郎役の玉森裕太が
久々に出演、ということで視聴率のほうも期待できそうな予感がします。 

というわけで、次回は色々な意味で注目の回といえそうですね!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image44
  2. image77
  3. image71
  4. image10
  5. image44
  6. image130
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

まだ観たことがない方は必見!

このCM、気になるよね~!

レッツゴー…カンカンカンwwwゴーエンパーリー!

芸能界復帰は秒読み段階か?

島田紳助の現在が気になる!!

いま話題!噂のカリスマJCモデル!

いま話題の美少女すぎる女子小学生!

必見!パルクールパフォーマンス!!

必見!フリースタイルフットボール!!

いま最も注目のフィギュアスケート選手!