石黒浩 大阪大学大学院教授にかつら疑惑?その真相に迫る!

imagei

石黒浩 大阪大学大学院教授をご存じでしょうか?

ロボット工学の世界では有名な方なのですが、
かつら疑惑が浮上しているようです。

ホントのところはどうなのでしょうか?
ちょっと気になったので調べてみました。

Sponsored Link

石黒浩 基本情報

石黒浩は、1963年生まれ、滋賀県出身の工学博士です。

ロボット工学の世界では大変に有名な方で
社会で活動出来る知的システムを持ったロボットの実現を目指し、
これまでに多数のロボットを開発し、
最先端のロボット研究者として世界的に注目されている方です。

人型ロボットといえば、
ホンダが開発したアシモのような感じを想像してしまいますが
石黒教授が開発したロボットはひと味違います。

人間が持つ存在感の本質を理解することを目的として
徹底的にリアルを追求したロボットの開発に注力しているのです。

石黒教授が開発した超リアルロボットは
「ジェミノイド」といいますがそのリアルさには驚かされます。

 

かつら疑惑の真相に迫る

石黒教授のかつら疑惑についてですが、
なぜ、このような疑惑が持ち上がっているのかというと
「石黒浩」でググってみると関連キーワードに
「かつら」というワードが挙がってくるのです。

Sponsored Link

しかし、写真を見る限りでは
とてもかつらを付けているようには見えません。

なぜ、このようなワードが挙がってくるのか、
と調べていくうちにその疑問が遂に判明しました。

それは、『桂米朝アンドロイド』の開発にあったのです。

『桂米朝アンドロイド』とは人間国宝の落語家、桂米朝の米寿を記念して
2012年に石黒教授により製作されたリアルロボットであり、
その精巧さが話題となりネット検索をする人が増えたために
『石黒浩 桂米朝』という検索ワードが『石黒浩 かつら』
という検索ワードに変化していったのではないでしょうか?

 

まとめ

ネット上ではかつら疑惑を扱ったサイトが多くあるので
ひょっとしたら、と思い調べてみましたが、
今回の石黒教授の件については完全にシロと言えるでしょう。

余談ではありますが、『石黒浩 整形』という検索ワードも
よく見かけますがこちらについては事実のようです。

なんでも自身のジェミノイドと同じ状態を保つために
シミやたるみを取る整形手術を受けたことがあるそうです。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image48
  2. image37
  3. image67
  4. image39
  5. image151
  6. image139
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月11日
    トラックバック:ぱふぅ家のサイバー小物

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

まだ観たことがない方は必見!

このCM、気になるよね~!

レッツゴー…カンカンカンwwwゴーエンパーリー!

芸能界復帰は秒読み段階か?

島田紳助の現在が気になる!!

いま話題!噂のカリスマJCモデル!

いま話題の美少女すぎる女子小学生!

必見!パルクールパフォーマンス!!

必見!フリースタイルフットボール!!

いま最も注目のフィギュアスケート選手!