マレーシア航空370便が謎の消息不明の真相は!アメリカが関与か?

image35

今年3月8日に北京へ向けて239名の乗員・乗客を乗せて
クアラルンプールを飛び立ったマレーシア航空370便が
忽然と姿を消し、いまだにその行方は不明のままです。

このニュースについてはさまざまな憶測が飛び交っていますが、
その中のひとつである、アメリカ関与説についてご紹介いたします。

Sponsored Link

ニュース概要

今年3月8日に乗員・乗客239名を乗せ、
クアラルンプール国際空港を出発したマレーシア航空370便は
その約6時間後には北京首都国際空港に着陸する予定でした。

しかし、その後、管制塔との交信が途絶えると
さらにはレーダーからも消失、行方不明となったのです。

救難信号等は出されていなかった模様ですが、墜落したものとみられ
その後、関係各国が捜索するものの依然としてその行方は不明のままです。

さらにこの件については、その後の情報が錯綜しており、
ハイジャックの可能性なども取りざたされたりもしています。

しかし、いまなおその消息についての
有力な情報は出てきておらず、謎は深まるばかりなのです。

アメリカが関与か?

このニュースを語るうえで非常に興味深いのが、ある目撃証言です。

インド洋、モルジブで複数の島民が
超低空飛行で南方に飛び去る飛行機を見た
と証言をしているのです。
※後にモルジブ政府はこれらの目撃証言は誤りであったと発表

Sponsored Link

モルジブの南方、そこにはインド洋最大の
米海軍基地を有するディエゴ・ガルシア島があるのです。

そのため、この目撃証言により、行方不明機は何らかの方法により、
ディエゴ・ガルシア島に降り立ったのではないかという疑惑が囁かれているのです。

その理由についてですが、マレーシア航空370便の乗客が関係しています。

同機に搭乗していた人達の国籍については、中国人が大半なのですが、
その中にはある軍事的な研究に関与する中国人グループがいたとされているのです。

アメリカはその軍事研究が後々、自国にとって脅威になると判断し、
その研究者を確保するために、航空機もろとも掠奪したとの疑惑があるのです。

まとめ

マレーシア航空370便の失踪については、様々な憶測が飛びかっています。

今回ご紹介したものは、その中のひとつですが、
かなり信憑性は高いものと考えられます。

こうした不可解な事件・事故の裏には
必ずといっていいほどに大国の思惑が働いているのです。

いずれにしても、乗員・乗客の安否が最大の気がかりではありますので、
今後の展開についても見守って行きたいと思います。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image85
  2. images
  3. image46
  4. image162
  5. image118
  6. image_2_12132295
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

CXドラマ「問題のあるレストラン」情報!

まだ観たことがない方は必見!

このCM、気になるよね~!

レッツゴー…カンカンカンwwwゴーエンパーリー!

芸能界復帰は秒読み段階か?

島田紳助の現在が気になる!!

いま話題!噂のカリスマJCモデル!

いま話題の美少女すぎる女子小学生!

必見!パルクールパフォーマンス!!

必見!フリースタイルフットボール!!

いま最も注目のフィギュアスケート選手!